与謝野晶子が著した反戦の詩 - 1904年(明治37年)

与謝野晶子が著した反戦の詩 – 1904年(明治37年)

日露戦争開戦の年、歌人、与謝野晶子は、反戦詩として有名な「君死にたまふこと勿れ」を「明星」9月号に発表しました。

与謝野晶子さすがに「逆賊」との非難を受け、文壇の重鎮・大町桂月からも「危険な思想」と批判されましたが、決して動じませんでした。

与謝野晶子は、堺市の老舗和菓子商に生まれました。

10代から店を切り盛りし、独学で古典文学に親しみます。

やがて短歌革新をめざした気鋭の浪漫歌人・与謝野鉄幹が創刊した「明星」に投稿するようになるのです。

与謝野晶子にとって、和歌との出会いは衝撃でした。そして鉄幹との出会いも、それに次ぐものではなかったかと想像できます。

晶子は鉄幹と恋に落ち、家を捨てて上京します。

1901年に最初の歌集『みだれ髪』を出版しました。

奔放な愛の表現は、女性の精神的自立を示したとして、一躍脚光を浴びます。「明星」によるロマンチシズムの運動に貢献しました。

同年、鉄幹と結婚します。

またこのころ、晶子は作歌意欲が旺盛で、5万首も詠んだといわれています。

女性問題についての評論活動なども積極的に行い、11人の子どもを育て、自らの筆で一家の生計を支えたのです。

しかし「私は母性ばかりで生きていない」と、女性の経済的自立を訴えて、社会による母親の保護を唱える平塚らいてうの母性主義を批判しました。

大阪府生まれ(1878~1942年)。

1904年の主な出来事。

■事件/秋山定輔露探事件。東京市民戦勝祝賀大会ちょうちん行列雑踏で死者20人、負傷者25人。三宅島大火(全島ほぼ全滅)

■世相/神戸の小学校で戦時中女先生は筒袖。東京市内の鉄道馬車、全部電車に。市内電車禁煙。東京かるた会結成。レース編み物流行。うどん・そば(もり・かけ)2銭、たばこ(敷島8銭、朝日6銭、チェリー6銭)

■企業/第1回貯蓄債券売り出し

■軍事/ドイツに砲身後座式野砲発注、巡洋艦「新高」に木村式無線電信搭載

■文化/函館本線、函館-旭川間全通。京浜電車、横浜-神奈川間開通。六桜社、印画紙を市販

■教育/吉岡弥生、東京女医学校創立。大阪商船学校創立。東京帝国大に行幸、教育者精励の勅語。初の国定教科書「小学算術書」

■科学技術/醸造試験所創設。日本住血吸虫発見

■厚生/肺結核予防法公布

■女性/矯風会、出征兵士に慰問袋発送。ぺ一ベル「婦人間題の解決」(「婦人と社会主義」抄訳)

■文芸/木下尚江「火の柱」「良人の自白」。与謝野晶子「君死にたまふこと勿れ」

■美術/太平洋画会研究所設立。戦争画

■音楽/「音楽新報」創刊。軍歌盛ん。坪内逍遥「新楽劇論」

■芸能/戦争劇流行。川上音二郎戦争報告劇上演。大阪浪花座、曽我廼家劇初上演。「桐一葉」初演

■映画/日露戦争の実況映画上映

■スポーツ/文部省に体操遊戯調査会。高師対横浜外人サッカー

■新聞/「平民新聞」に共産党宣言を訳載、発禁。「二六新報」発禁

■出版/「直言」、「新潮」、「ユマニテ」創刊。藤井健次郎「教育的倫理学」。丘浅次郎「進化論講話」。富士川游「日本医学史」。福田英子「妾の半生涯」。西川光二郎「土地国有論」。「明治財政史」刊行開始

■歌謡/日本海軍。日本陸軍。ラッパ節

■流行語/露探。軍神。山川草木転荒涼。

1904年とはどんな年であったのか。

2月4日、いよいよ政府は日露開戦を決定します。

8日、韓国の仁川沖でロシア艦隊を攻撃して戦端を開き、10日に宣戦を布告しました。

海軍の旅順港閉塞作戦に始まる戦闘は、12月初めの二〇三高地占領でようやく、旅順開城の端緒を開きました。

戦闘は苦戦の連続で、ロシア軍の装備する有勢な火力に、膨大な死傷者を出ており、「軍神」という言葉も使われはじめました。この間、幸徳秋水、堺利彦らは「平民新聞」を発行し、終始、社会主義の啓蒙と非戦論の展開に努めました。

1904年(明治37年)

旅順海戦実況などを伝えた1904年2月11日の記事

旅順海戦実況などを伝えた1904年2月11日の記事

1.1 林董駐英公使、英外相に日露開戦の際の財政援助を要請、英は「余裕なし」と回答

1.1 アルゼンチンから購入の軍艦2隻を「日進」、「春日」と命名

1.5 陸海軍が軍機・軍略事項の新聞・雑誌掲載禁止

1.12 政府・元老合同御前会議。対露最終意見を決定、13日ローゼン公使に伝達

1.14 社会主義大演説会、不戦を主張

1.14 愛知・三重両県紡績業の操短決議、全国に波及。清韓向け輸出減少

1.15 日本興業銀行から清国大冶鉄鉱への300万円借款締結

1.23 韓国、日露の戦争に中立を声明

1.25 鉄道軍事供用令公布(26日施行)

1.28 二六新報社、露探(ロシアのスパイ)の疑いありとして暴徒に襲われる

1.28 時局財政について懇談のため、首相官邸に銀行家を招待

1.30 英国に戦闘艦2隻の建造注文

2.4 御前会議、対露交渉中止・軍事行動採用を決定

2.6 小村寿太郎外相、ローゼン駐日露国公使に日露交渉打ち切りを通告

2.6 駐露公使、ロシアに国交断絶を通告

2.6 連合艦隊司令長官・東郷平八郎、佐世保出発

2.6 ロシア、動員令布告

2.8 日本海軍、仁川沖でロシア艦隊を攻撃、駆逐隊は旅順口を奇襲、陸軍部隊、仁川に上陸開始

2.10 ロシアに宣戦布告(日露戦争はじまる)

2.11 宮中に大本営設置

2.11 各地の日本ロシア正教会が迫害を受けたため、ニコライ主教が「戦争に際し、信徒は日本国民として忠義の本分を尽くせ」と教書

2.12 清国、日露戦争に中立を宣言

2.13 第1回国庫債券1億円発行規程公布(3月1日施行)

2.13 社会主義協会、婦人講演会開催

2.14 長崎・佐世保・対馬およびその沿海、函館に戒厳令施行

2.17 閣議、ロンドン市場で英貨公債募集の方針決定

2.21 露国陸相クロパトキン、満州陸軍総司令官に任命

2.23 日韓議定書調印(27日公布)

2.24 第1回旅順口閉塞作戦実施、成功せず

3.1 第9回衆議院総選挙

3.4 帝国軍人援護会創立

3.6 上村艦隊、ロシアのウラジオストクを威嚇砲撃

3.13 平民新聞「与露国社会党書」掲載。「手を携えて共通の敵『軍国主義』と戦おう」と呼びかける

3.14 第1軍、鎮南浦上陸

3.16 各政党、交戦目的達成のため一致して政府援助を決定

3.20 政府と政友会・憲政本党間で戦時増税案について妥協成立

3.27 第2回旅順口閉塞作戦。海軍少佐・廣瀬武夫戦死、「軍神」第1号となる

4.1 非常特別税法・貯蓄債券法・煙草専売法・同施行規則公布

4.8 英仏協商成立。英国のエジプト占領、仏のモロッコでの権益を互いに承認

4.13 旅順港近くでロシア戦艦「ペトロパブロフスク」が機雷に触れ爆沈、座乗のマカロフ提督も死亡

4.21 軍事探偵の横川省三、沖禎介、露軍にハルビン郊外で銃殺される

5.1 第1軍、鴨緑江を越え清の九連城を占領

5.4 米国、パナマ運河工事開始

5.5 第2軍、遼東半島上陸開始

5.8 小樽で大火、焼失2400戸

5.10 第1回6分利付き英貨公債1000万ポンド募集開始、応募活発

5.15 戦艦「初瀬」「八島」、ロシア機雷に触れ沈没

5.25 金州・南山で激戦、26日第2軍金州城占領

5.27 政府、社会主義取り締まり強化方針発表

5.31 旅順攻撃のため第3軍を編成、司令官に乃木希典

6.15 ロシアのウラジオストク艦隊、玄海灘で陸軍輸送船常陸丸を撃沈

6.20 満州軍総司令部設置、総司令官・大山巌、総参謀長・児玉源太郎

7.1 たばこの官営専売実施

7.23 ロシアのウラジオストク艦隊、九十九里浜沖に出現

7.26 旅順攻囲軍、攻撃開始

8.3 第2軍、海城および牛荘城を占領

8.10 黄海海戦。連合艦隊、ロシア艦隊と黄海で交戦

8.14 蔚山沖海戦。第2艦隊、ウラジオストク艦隊を撃破

8.14 片山潜、第2インターナショナル・アムステルダム大会に出席(20日まで)

8.15 チベット、英に屈服

8.19 第3軍、第1回旅順総攻撃、大きな損害を出して失敗

8.21 甲武鉄道、飯田橋-中野間で電車運転開始(のちの中央線)

8.22 日韓新協約調印。日本、韓国の財政・外交権を掌握(9月5日公布)

8.28 第1、2、4軍、遼陽に向け前進開始

9.4 日本軍、遼陽を占領。8月31日に戦死の橘周太、のちに「軍神」となる

9.7 英・チベット間ラサ条約成立

9.19 第3軍、第2回旅順総攻撃、再び失敗

9.21 旅順二○三高地で日露激戦

9.26 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)死去、54歳

9.29 徴兵令改正、後備兵役10年に延長

10.4 全国手形交換所連合会、連合会規約を可決し初めて組織的団体成立

10.8 沙河会戦で勝利(16日まで)

10.16 ロシア・バルチック艦隊、リバウ軍港を出発

10.21 バルチック艦隊、英漁船を日本軍艦と誤って砲撃、英の対露世論悪化

10.26 第3軍、第3回旅順総攻撃、失敗

11.3 日比谷公園で日露戦争国民後援会大会開催、5万人参加

11.10 京釜鉄道全線完成(1905年1月1日正式開通)

11.10 外債1億2000万円募集の緊急勅令(14日ロンドン、ニューヨークで売り出し)

11.16 社会主義協会、結社禁止

11.21 米労働連盟大会で日韓労働者の排斥を決議

11.26 第3軍、第4回旅順総攻撃開始

11.30 第21回帝国議会開会

12.5 第3軍、旅順二〇三高地を占領。弾着観測所を設置して翌日から旅順港内のロシア艦隊を砲撃、まもなく全滅させる

12.9 政府と政友会・憲政本党領袖の増税間題交渉会開催、妥協成立(10日まで)

12.17 衆議院、非常特別税法改正案(増税)・塩専売法・相続税法可決

12.21 三越呉服店開業(デパートのはじめ)

12.- 孫文、再び日本に亡命

戦争によって、日本の凶暴な部分がどんどん、浮き彫りになっていきます。

前の年

戦争へと傾く日本 - 1903年(明治36年)
内村鑑三は公然と、戦争反対の意思を表しました。彼は思想家であり、キリスト教伝道者でした。真の信仰の立場から聖書にのみもとづく「無教会...

次の年

夏目漱石が吾輩は猫であるを著した年 - 1905年(明治38年)
吾輩は猫である。名前はまだ無い。有名な書き出しで始まる夏目漱石のこの小説は、この年、高浜虚子の主宰する「ホトトギス」に10回連載したあと...

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

ガンジーが非暴力闘争に勝利した年 - 1906年(明治39年)
マハトマ・ガンジーは政治家であり、偉大なる思想家でもありました。非暴力と不服従の手段によって、インド民族運動をけん引し、その功績により、...
豊田佐吉の夢が着々と実を結んでいく - 1907年(明治40年)
豊田佐吉は偉大な発明家であります。最新鋭の織機を次々とつくり出し、「織機王」の名を世界的なものにしました。生涯の目標だった自動織機の開発...
女優第一号、川上貞奴が登場した年 - 1908年(明治41年)
川上貞奴は日本の女優、第1号です。この年9月、帝国女優養成所を開設し、所長に就任しました。歌舞伎とは異なる新派演劇の種をまいたのです。 ...

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿