豊田佐吉の夢が着々と実を結んでいく - 1907年(明治40年)

豊田佐吉の夢が着々と実を結んでいく – 1907年(明治40年)

豊田佐吉は偉大な発明家であります。

豊田佐吉最新鋭の織機を次々とつくり出し、「織機王」の名を世界的なものにしました。生涯の目標だった自動織機の開発に成功し、この年に特許を得ます。

豊田を世界企業に押し上げる軽工業時代の基礎を築きました。

少年時代は大工の徒弟で「むっつり佐吉」と呼ばれ、働き者ながら村では変人で通っていました。子どものころから「男子として生まれた以上は、世のため人のためお国のために尽くすようなことがしたい」と思い詰めていましたが、「特許条例」(1885年)ができたと聞いて、発明を志します。

江戸時代以来の織物業地帯の郷里で織機の開発に没頭し、1890年に画期的な木製人力織機を開発しました。以後、紡績機の改良に数々貢献していくことになります。

発明に取りつかれて身重の妻を残して東京に出奔し、愛想をつかした妻に逃げられたこともありました。

1902年に豊田商会を設立すると、10年には欧米を視察、翌年、豊田自動織機布工場(後の豊田自動織機製作所)を設立しました。

一方、帰国してからは「自動車、自動車」と口にし、長男の喜一郎に国産自動車の研究開発を託しました。現場主義で、工場では「現場をみろ、自分の手でさわれ」が口癖だったと言います。

静岡県生まれ(1867~1930年)。

1907年の主な出来事。

■事件/救世軍ブース大将来日。関東大水害。函館大火。大阪兵器廠で廃弾爆発

■世相/芝公園で婦人博覧会、東京勧業博覧会。キリン2頭をドイツから購入。婦人髪型七三流行。苦学生入用の新聞広告。女学生のリボン流行。女学校の修学旅行盛ん。たばこ値上げ(敷島10銭、朝日8銭、チェリー7銭、ゴールデンバット5銭、あやめ40銭、なでしこ24銭)

■企業/東洋モスリン、日清紡績、豊田式織機、日清製粉、日清製油、旭硝子設立。日本・北海両製麻会社が合併し帝国製麻に

■軍事/38式機関銃を制定。英国に潜航艇を発注

■文化/奥羽線上野-青森間直通列車運転開始。狩勝トンネル竣工し旭川-釧路間全通。東京-北海道間直通電話開通。名古屋港開港。社会政策学会設立

■教育/師範学校規程制定。立教大学設立。明治専門学校設立(最初の私立工業専門学校)

■宗教/神道大会(12派)開催。日本メソジスト教会設立

■科学技術/国産自動車第1号完成。稲の新品種に「銀坊主」を選出

■厚生/日本癌腫研究会創立

■女性/第1回国際社会主義婦人会議

■文芸/泉鏡花「婦系図」。夏目漱石「虞美人草」。田山花袋「蒲団」。二葉亭四迷「平凡」。自然主義論、一世を風靡

■美術/日本水彩画研究所創立。雑誌「建築世界」創刊

■音楽/ロシアの名ソプラノ、ミハイロワ女史演奏会。演歌師、伴奏楽器にバイオリン使用。学生間にマンドリン熱。楽苑会、グノーの「ファウスト」第1幕上演。「中等教育唱歌集」刊

■芸能/イプセン会創立。文芸協会第2回公演「ハムレット」「新曲浦島」など。雑誌「演芸画報」創刊

■映画/大阪に初の映画常設館。フランスの発声映画(レコード式)、東京で公開

■スポーツ/ハワイ「セントルイス」球団来日、対慶応試合で初の入場料。男女庭球大会。第1回アマチュアゴルフ選手権

■新聞/「大阪平民新聞」創刊、のち「日本平民新聞」と改題。「社会新聞」創刊

■出版/「世界婦人」、「日本及日本人」、「英語世界」、「新思潮」(第1次)創刊。夏目漱石「文学論」。大隈重信撰「開国五十年史」。内村鑑三「基督教と社会主義」。加藤弘之「吾国体と基督教」。石川三四郎「日本社会主義史」。福田徳三「経済学研究」

■歌謡/ジョスランの子守唄。野ばら。ボルガの船唄。旅愁。故郷の廃家。ああ金の世や。ああわからない。増税節。我利我利亡者の歌

■流行語/自然主義。増税。美顔術。直接行動か、議会政策か。

1907年とはどんな年であったのか。

韓国皇帝が万国平和会議に密使を送って、列国の援助で主権を回復しようとしたことが発覚します。

これを契機に皇帝を譲位させ、内政に対する監督権を強化することで、戦争をかけて獲得した韓国の支配権は、さらに強まりました。

国内では、足尾、別子銅山の大ストライキをはじめ労働運動が激化し、日本社会党内にも直接行動を主張する勢力が台頭します。

労資対立の図式が明確になりました。

それに伴い、物価高騰、首切りが頻発し、さらに争議を増やす結果となりました。

1907年(明治40年)

漱石最初の新聞連載小説「虞美人草」第1回を掲載した1907年6月23日紙面

漱石最初の新聞連載小説「虞美人草」第1回を掲載した1907年6月23日紙面

1.15 幸徳秋水ら、日刊「平民新聞」発刊

1.21 東京株式市場大暴落。日露戦争後の戦後恐慌勃発、景気沈滞

1.23 日本人移民200人、サンフランシスコで上陸を拒否される

1.25 帝国ホテル創立

1.31 米国、ふたたび日本に移民禁止条約を提議

2.4 ロシア外相、本野公使に日露協商締結を提議

2.4 足尾銅山同盟罷業(7日まで)、坑夫暴動化し軍隊出動、600人を検挙

2.12 福田英子、堺為子、管野すがら、治安警察法第5条改正(女子の政治結社・集会への参加を認める)の請願を衆議院に提出。3月16日衆議院可決、27日貴族院否決

2.16 長崎三菱造船同盟スト(19日まで)

2.17 日本社会党第2回大会、幸徳秋水・田添鉄二の論争。22日結社禁止

2.19 警視庁、自動車取締規則公布

2.19 政府、郡制廃止法案を提出、3月2日衆議院可決、21日貴族院否決

2.20 大隈重信、憲政本党総理を引退

2.28 皇族会議令公布

3.4 政府、清国の要請で孫文を国外追放

3.9 東京神田区在郷軍人団結成(在郷軍人団体組織のはじめ)

3.12 帝国鉄道庁官制公布(4月1日施行)

3.13 米大統領令で、限地旅券で渡米する日本人・朝鮮人移民制限法案可決(排日運動盛んになる)

3.15 樺太庁官制公布(4月1日施行)

3.17 第13~18師団の6師団を新設確定

3.19 らい予防に関する法公布。患者届け出を義務化

3.19 長野県、日本で初めて女子教員の有給出産休暇の規定を定める(40日間)

3.21 小学校令改正(尋常小6年制、高等小2年制に延長)

3.22 南ア・トランスバール政府、アジア人登録法を公布、インド人移民を制限

3.- 仏、モロッコ東部を軍事占領、モロッコの民族的反抗始まる

4.1 帝国鉄道庁開庁、南満州鉄道株式会社(満鉄)営業開始

4.1 樺太の軍政廃止、内務省に移管

4.4 帝国国防方針裁可。想定敵国は露・米・独・仏の順。兵力は陸軍25個師団、海軍は戦艦8・装甲巡洋艦8

4.13 「平民新聞」発行禁止

4.15 日露両軍、租借地および鉄道付属地を除き満州から撤兵

4.15 日清両国間吉長鉄道(吉林-長春間)敷設および新奉鉄道(新民屯-奉天間)売り渡し協約各調印(5月4日告示)

4.22 海軍砲術学校、水雷学校条例各公布

4.24 改正刑法公布(明治13年の旧刑法廃止)

4.28 北海道幌内炭坑で坑員1700人暴動

5.1 豊田佐吉、自動織機の特許取得

5.8 改正華族令公布、爵位を有する者を華族とする

5.13 ロシア社会民主労働党大会、ロンドンで開催。スターリン、メンシェビキをユダヤと決めつけ、反ユダヤ主義を明確に

5.22 中国革命同盟会、広東省で蜂起、敗退

6.4 別子銅山争議で坑員6000人暴動化(7日まで)、軍隊出動

6.10 日仏協約調印

6.15 第2回万国平和会議、ハーグで開催。会期中に韓国皇帝高宗が送った密使、日本の侵略を訴えたが取り上げられず

6.15 樺太庁開庁式挙行

6.15 東清・南満両鉄道連絡に関する日露協約調印

6.22 仙台に東北帝国大学設置

6.22 ロシア・トビリシでスターリン指示による金塊輸送馬車強奪事件

6.25 片山潜、田添鉄二ら日本社会平民党結社届け出、27日禁止

6.29 足尾銅山鉱毒間題で遊水池を作るため強制執行により栃木県谷中村の残存家屋を破壊

7.3 韓国統監・伊藤博文、ハーグ平和会議への密使派遣事件で韓国皇帝を追及

7.10 元老・大臣会議、韓国問題を協議

7.19 韓国皇帝高宗、退位の詔勅発布。韓国各地に反日暴動勃発、25日第12師団を派遣

7.20 豊国炭坑ガス爆発、死者340人余り。明治最大の炭坑災害

7.24 第3次日韓協約調印(韓国の内政を統監の指揮下におく)

7.28 日露通商航海条約・漁業協約調印(9月11日批准公布)

7.30 第1回日露協約調印(8月15日公示)、日本海・オホーツク海およびベーリング海の露領沿岸で日本人の漁業許容

7.31 韓国皇帝、軍隊解散の詔勅発布

8.1 韓国軍隊解散式で日韓軍衝突

8.4 仏、自国民殺害に対する報復を口実にカサブランカ(モロッコ)砲撃、大西洋沿岸地域占領

8.6 高知県漁船、暴風のため遭難、800人余り行方不明

8.19 英国独立労働党首ケア・ハーディ来日

8.20 片山潜ら、社会主義同志会を組織

8.27 韓国新皇帝、敦徳殿で即位式

8.31 英露協商調印(チベット、アフガニスタン、ペルシャの勢力圏を定める)

9.12 「軍令」制定公布

9.17 樺太・台湾各守備隊条例公布

9.18 陸軍管区域改正公布(13個師団から19個師団に増師)

9.21 日露戦争論功行賞、山県有朋、伊藤博文、大山巌ら公爵に

9.21 外国郵便規則・外国郵便為替規則公布(10月1日施行)

9.26 専売局官制公布(10月1日施行)

9.26 ニュージーランド、自治制を宣言

10.10 皇太子嘉仁親王、韓国訪問のため出発(16日京城着)

10.14 サンフランシスコに排日暴動勃発

10.25 文部省、第1回文部省美術展覧会(文展)開催

10.26 米国務長官、青木周蔵駐米大使に日本人労働者移入制限の励行を要請

10.28 閣議で鉄道拡張費について阪谷芳郎蔵相、山県伊三郎逓相が激論

10.28 陸軍、3年兵役制を2年兵役制に改定

11.1 日英共同出資の日本製鋼所を室蘭に設立

11.15 台北の現地住民が蜂起、内地人63人を殺害(11月18日鎮定)

11.16 オブライエン米大使、林外相あて書簡で労働者渡航制限の厳重な励行を要請

11.18 米労働総同盟(AFL)大会で日本人排斥を討議

12.15 東京市・東京鉄道会社間に電車市有仮契約締結

12.15 韓国皇太子、統監伊藤博文とともに東京到着、18日参内

12.16 閣議、松方正義、井上馨らの勧告で財政計画の変更を協議

12.22 片山潜ら平民協会結社の届け出、25日禁止

#### 豊田佐吉だけでなく、この時代には、たくさんの日本人の夢が芽生えたのではないでしょうか。

前の年

ガンジーが非暴力闘争に勝利した年 - 1906年(明治39年)
マハトマ・ガンジーは政治家であり、偉大なる思想家でもありました。非暴力と不服従の手段によって、インド民族運動をけん引し、その功績により、...

次の年

女優第一号、川上貞奴が登場した年 - 1908年(明治41年)
川上貞奴は日本の女優、第1号です。この年9月、帝国女優養成所を開設し、所長に就任しました。歌舞伎とは異なる新派演劇の種をまいたのです。 ...

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

伊藤博文が安重根に狙撃された年 - 1909年(明治42年)
安重根(アン・ジュングン)は、朝鮮独立運動家です。この年の10月、ハルビン駅で前韓国統監で枢密院議長の伊藤博文を拳銃で狙撃しました。...
幸徳秋水と大逆事件の謎 - 1910年(明治43年)
この年起こった大逆事件は、今でいうところのミステリーともいえる出来事です。幸徳秋水(こうとく・しゅうすい)は、社会運動家であり思想家でも...
平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)という、猛烈な女性 - 1911年(明治44年)
平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)は、女性解放運動家です。この年、日本最初の女性による文芸雑誌「青鞜」を発刊します。創刊の辞「元始...

スポンサードリンク

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿