伊藤博文が安重根に狙撃された年 - 1909年(明治42年)

伊藤博文が安重根に狙撃された年 – 1909年(明治42年)

安重根(アン・ジュングン)は、朝鮮独立運動家です。

安重根この年の10月、ハルビン駅で前韓国統監で枢密院議長の伊藤博文を拳銃で狙撃しました。

取り押さえられながら「コリア、ウラー(韓国万歳)」と3回叫んだと言います。伊藤が30分後に絶命したことを知らされると、「目的を達したことを神に感謝する」と十字を切って祈祷しました。

取り調べに対して、閔妃暗殺事件(1895年)、第2次日韓条約(1905年)など、伊藤の罪状を15項目にわたって淀みなく挙げました。

とくに「東洋の平和を撹乱し、韓国民2000万人が憤慨しています」と繰り返し強調しました。また、一貫して「私怨からではなく、韓国の独立と東洋平和の維持」のためだと主張しました。

こうした態度が日本人の検察官、判事、看守らに感銘を与えたそうです。

翌年、死刑の判決が下ります。監獄関係者らの厚意で、裁判では十分に陳述できなかった真の動機を明らかにするため、自伝を書き上げました。

絞首台上で許可を得て約3分間「東洋平和」のために祈ったと言います。30歳でした。それから5カ月後、日本は「日韓併合」を強行します。

安重根(アン・ジュングン)は、韓国では「義士」とたたえられる英雄です。

黄海道海州の豊かな支配階級の家に生まれました(1879~1910年)。

1909年の主な出来事。

■事件/北海道樽前山、浅間山、焼岳それぞれ大噴火。警視庁、無免許医師を大検挙。贋造紙幣犯人9人検挙、被害高5万余円

■世相/帝国ホテルで内外ダンス大会。東京・下谷に洋式長屋。ビヤホール開設相次ぐ。べ一ル流行。ホーローびきの弁当箱。ガス会社各地で開業。ガス・コークス登場。懐中電灯。東京・本所に無料宿泊所開設。ロシアパン流行

■軍事/38式野砲の配備完了。戦艦「薩摩」完成。臨時軍用気球研究会設置

■文化/日本橋丸善(初の本格的鉄骨建物)竣工。赤坂離宮竣工。関西本線、鹿児島本線、高崎線全通。建物保護法公布(初の住宅対策立法)。文相官邸に文芸作家招待。日本の口ーマ字社創立。満州で日本綿布、米・英を抜く。生糸輸出世界1位。南洋木材初輸入

■教育/早稲田大学理工科新設。千葉県立園芸学校創立

■科学技術/秦佐八郎、エ一ルリッヒと共にサルバルサン創製

■女性/女子教育家懇談会「べからず」十訓を決める

■文芸/岩野泡鳴「耽溺」。森田草平「煤煙」。夏目漱石「それから」。永井荷風「ふらんす物語」。田山花袋「田舎教師」。森姐外「ヰタ・セクスアリス」

■音楽/日本橋三越少年音楽隊創設。京都府立二中に吹奏楽団(初の学生バンド)。慶応ワグネルソサイエティ管弦楽を始める。日米蓄音器製造株式会社設立。「中学唱歌」

■芸能/自由劇場創立。文芸協会研究所開設。東京俳優養成所第1回試演会

■映画/吉沢商店に考案部、専属俳優も養成。M・パテー商会、大久保に撮影所設置。牧野省三作品、尾上松之助第1回出演「碁盤忠信」、目玉の松ちゃん人気盛ん。「金色夜叉」「橋弁慶」「石山軍記」。児童用映画「新桃太郎」

■スポーツ/嘉納治五郎、オリンピック委員に。スイス人コーラ、札幌農大でスキー紹介

■新聞/朝日新聞、文芸欄創設。国際新聞協会発会式

■出版/「スバル」創刊。波多野精一「基督教の起原」。沢柳政太郎「実際的教育学」。クロポトキン「麺麭の略取」翻訳

■歌謡/ハイカラ節。スカラーソング。間がいいソング。ローレライ。菩提樹。野なかの薔薇。思い草

■流行語/一死以て紳士の面目を保つ。馬鹿な奴じゃ。ハイカラ。催促髷。

1909年とはどんな年であったのか。

桂内閣は政友会との提携をはかり、西園寺との会談で妥協を成立させました。

また万年野党の憲政本党は、与党化をめざす改革派と非改革派に分裂をします。しかし日糖事件が暴露され、収賄議員が続出したことで、憲政本党内の対立が解消し、ここでも妥協が成立しました。

対韓政策では、政府が司法権を回収、枢密院議長、伊藤博文が韓国人に狙撃されたのを契機に、日韓併合運動に拍車がかかりました。

政府は清国とも強硬な交渉を進め、鉄道敷設権や炭鉱採掘権などを取得する日清協約を成立させます。

1909年(明治42年)

伊藤博文狙撃を伝えた1909年10月27日の記事

伊藤博文狙撃を伝えた1909年10月27日の記事

1.4 韓国皇帝、地方巡遊のため京城出発、統監・伊藤博文随行

1.9 米カリフォルニア州に排日問題再燃

1.11 亀戸の東洋モスリン会社で職工800人が賃上げを要求し同盟罷業

1.12 5団体連合会主催の電車賃値上げ反対東京市民大会

1.12 大日本製糖会社で不祥事件暴露し、重役総辞職

1.12 トルコ、オーストリアのボスニア・ヘルツェゴビナ2州併合を承認

1.19 西園寺公望政友会総裁、政府との妥協を表明、同会の予算案反対機運を抑える

1.29 桂太郎首相と西園寺総裁が予算問題について会談、妥協成る

2.1 上海で国際アヘン委員会開催

2.3 米カリフォルニア州議会、外国人土地所有禁止の排日法案を否決

2.11 皇室登極令・摂政令・立儲令・皇室成年式令発布

2.21 米国の「ホワイト・フリート」艦隊、足かけ3年の世界一周航海を終え母国に帰る

2.22 対馬竹敷要港の職工600人、賃下げに抗議し暴動

2.23 長春駅で日露両鉄道の連絡事務を開始

2.24 憲政本党改革派は非政友各派合同を策し犬養毅ら非改革派と対立、27日本部は犬養を除名

3.2 英・独・露がオーストリアとセルビア間のボスニア危機調停工作始める

3.4 全国織物業者、神田錦輝館で織物消費税全廃大会を開催

3.9 衆議院、野党3派提出の3税(塩専売・織物・通行税)廃止案を否決

3.12 英議会、ドイツの海軍力増強に対抗して新艦隊法を可決

3.17 又新会、非政友大合同の新党樹立の運動に着手、20日計画中止

3.18 衆議院、関税定率法輸入税表中改正法律案可決、貴族院審議未了

3.21 日本初のマラソンが行なわれる(神戸-新淀川間、20マイル)

3.25 遠洋航路補助法公布(1910年1月1日施行)

3.27 永井荷風「ふらんす物語」発禁

3.31 セルビア、オーストリアに「誠意宣言」。ボスニア・ヘルツェゴビナ2州併合への抗議を断念

4.5 特許法・意匠法・商標法・実用新案法公布(11月1日施行)

4.6 米国探検家ピアリー、北極探検に成功

4.9 産業組合法改正(9月1日施行)

4.11 日糖重役、贈賄容疑で拘引(日糖事件)、15日代議士・栗原亮一らを拘引

4.13 貴族院令の一部改正公布(男爵議員増加、各爵定員の最大数を規定)

4.13 耕地整理法改正(10月16日施行)

4.14 種痘法公布(1910年1月1日施行)

4.24 高峰譲吉(在米)、タカジアスターゼの特許取得

4.- オスマン帝国内少数民族アルメニア人に対し、イスラム教徒が大虐殺

5.6 新聞紙条例廃止、新聞紙法公布(即日施行)

5.10 ハワイ・オアフ島の日本人労働者約2000人、ストライキ

5.15 大阪朝日新聞、新聞紙法を批判、新聞紙法反対運動起きる

5.11 東京高等商業学校生徒700余人、商科大学設置問題に反対、同盟総退校を決議。23日文部省が省令を撤回し落着

5.30 函館疑獄事件。塩務局官吏が塩商人と結託、20万円を詐取

6.2 東京・本所に相撲の国技館開館

6.6 渋沢栄一、財界引退を声明

6.10 幸徳秋水、管野すがら、「自由思想」創刊、ただちに発禁

6.14 韓国統監・伊藤博文を枢密院議長に、副統監・曽禰荒助を統監に任命

6.23 スリの親分、仕立屋銀次検挙される

7.1 英で石炭労働者の8時間労働制が認められる

7.5 代々木練兵場設置

7.6 閣議、適当の時期に韓国併合断行の方針決定

7.11 日糖前社長・酒匂常明、日糖事件の予審判決に抗議しピストル自殺

7.12 韓国司法および監獄事務委託に関する日韓覚書調印

7.26 枢密院議長・伊藤博文、韓国皇太子傅育総裁に任命

7.26 韓国中央銀行に関する日韓覚書調印

7.26 仏のブレリオ、カレーからドーバーまで飛行機で初の英仏海峡横断に成功

7.30 農商務省の商工局廃止、商務局、工務局設置

7.31 韓国軍部を廃止、宮中に親衛府を設置

7.31 臨時軍用気球研究会官制公布。軍による航空機研究の始まり

7.31 大阪市北部、大火でほとんど全滅、1万1360余戸焼失(北の大火)

7.- 府県知事に対し織物同業組合の織物税廃止運動は厳重戒告せよと通牒

8.6 駐清公使、清国の協力をまたず安奉線鉄道改築を強行するむね通告、これに抗議する日貨ボイコット始まる

8.14 滋賀・岐阜県下に強い地震、死者71人、全壊1653戸

8.18 東京市、市長・尾崎行雄の名で米ワシントン市に桜2000本の寄贈を決定

8.19 満州安奉線鉄道改築工事に関する日清覚書調印

8.21 産業組合中央会の設立および事業に関する勅令公布(9月1日施行)

8.22 満州間島地方で日・清両国兵衝突

9.1 全羅道中心の韓国民族運動弾圧

9.4 日清間の間島に関する協約・満州の5案件に関する協約に調印。撫順・煙台炭鉱の採掘権を獲得(9月8日公示)

9.28 東京府北多摩郡南秋津にらい療養所開設

10.11 三井財閥再編成に着手、三井合名会社(持ち株会社)創立

10.13 憲政本党改革派、非改革派の犬養毅の除名を撤回、両派の妥協成立

10.16 東京市内電車の市有問題本格化

10.26 枢密院議長・伊藤博文、ハルビン駅頭で韓国人安重根に殺害される。68歳(11月4日国葬)

10.29 韓国銀行創立(11月24日営業開始)

11.9 桂首相、政友会総裁・西園寺と会見、予算案に関し妥協懇請

11.11 改定歩兵操典公布

11.19 東京芝浦製作所、米国GE会社と技術提携

11.24 福岡県大之浦炭坑でガス爆発、死者255人

12.4 韓国一進会、韓国皇帝および統監に日韓合邦に関する上奏および請願書を提出、却下される

12.16 衆議院各派、減租連合会を開催

12.16 東京・山手線電車、品川-田端間、池袋-赤羽間開通

12.18 米国、列国に対し満州鉄道の中立を提議

12.24 第26回帝国議会開会

伊藤博文の死は、日本の将来に暗雲を感じさせる出来事だったと言えるでしょう。

前の年

女優第一号、川上貞奴が登場した年 - 1908年(明治41年)
川上貞奴は日本の女優、第1号です。この年9月、帝国女優養成所を開設し、所長に就任しました。歌舞伎とは異なる新派演劇の種をまいたのです。 ...

次の年

幸徳秋水と大逆事件の謎 - 1910年(明治43年)
この年起こった大逆事件は、今でいうところのミステリーともいえる出来事です。幸徳秋水(こうとく・しゅうすい)は、社会運動家であり思想家でも...

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)という、猛烈な女性 - 1911年(明治44年)
平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)は、女性解放運動家です。この年、日本最初の女性による文芸雑誌「青鞜」を発刊します。創刊の辞「元始...
豊田佐吉の夢が着々と実を結んでいく - 1907年(明治40年)
豊田佐吉は偉大な発明家であります。最新鋭の織機を次々とつくり出し、「織機王」の名を世界的なものにしました。生涯の目標だった自動織機の開発...
ガンジーが非暴力闘争に勝利した年 - 1906年(明治39年)
マハトマ・ガンジーは政治家であり、偉大なる思想家でもありました。非暴力と不服従の手段によって、インド民族運動をけん引し、その功績により、...

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿