山極勝三郎はウサギの耳にコールタールを塗り続けた - 1915年(大正4年)

山極勝三郎はウサギの耳にコールタールを塗り続けた男 – 1915年(大正4年)

山極勝三郎(やまぎわ・かつさぶろう)は物理学者でした。世界初の発がん実験に成功します。

山極勝三郎ウサギの耳にコールタールを塗り続ける実験を続け、この年9月、人工的に皮膚がんを発生させたのです。がん発生の刺激説に実験的根拠を与えた最初の業績として、世界中から注目されました。

勝三郎は1926年に、ノーベル医学生理学賞の最終選考に残りましたが、「東洋人には時期尚早」との理由で落選します。

ネズミにゴキブリを食べさせて、胃がんをつくったとされるデンマークのフィビガーが選ばれました。しかし2人の死後、「ネズミの胃がん」はがんではなかったことが判明するのです。

ノーベル賞以外では正当に評価され、ドイツ・ソフィー賞や、学士院賞を受けました。

勝三郎は幼少期、家が貧しく、東京で開業していた山極家の養子になります。東京帝国大医学部卒業後、ドイツに留学をしました。

国の命令は結核ツベルクリン療法の調査でしたが、がん刺激説を提唱していた細胞病理学の権威、ウィルヒョウに学んだことが転機になります。帰国後は東京帝国大教授となり、08年ごろからがん研究に着手しました。

周囲の冷笑を浴びながら、実験を続けたのです。顕微鏡の標本箱の底には「忍耐、努力」と墨書した紙が張ってあったと言います。

まさに、努力の人でした。

長野県生まれ(1863~1930年)。

1915年の主な出来事。

■事件/千葉監獄出火

■世相/江戸記念博覧会。御大典記念京都博覧会。株式相場高騰(大戦景気)。電気アイロンによる婦人の縮髪流行。女優(七三)まげ

■企業/電気化学工業会社設立

■軍事/軽機関銃の研究開始。長門級戦艦の設計開始。航空大隊新設

■文化/杉本京太の邦文タイプライター。瀬戸内海無線電信局開局。日本-ハワイ間無線通信試験成功。丸見屋商店に初の会社付属研究所。北里研究所創立

■科学技術/石原純、電子論論文発表。日本医史学会創立

■厚生/稲田竜吉、ワイル氏病の病原体発見

■女性/第1回全国幼稚園関係者大会。看護婦規則制定

■文芸/森姐外「山椒太夫」。夏目漱石「道草」。徳田秋声「あらくれ」。芥川龍之介「羅生門」。武者小路実篤「その妹」

■音楽/三浦環ロンドンで「蝶々夫人」初演。東京フィルハーモニー初演奏

■芸能/連鎖劇の製作。芸術座「その前夜」。近代劇協会「桜の園」(日本初演)。本郷座「鳥辺山心中」初演

■映画/東京の入場料値上げ(浅草、10銭・50銭)

■スポーツ/第2回極東大会(上海)、鵜飼弥二郎競泳に優勝。第1回全国中等競泳大会。茨木中学(大阪)にプール

■出版/「ARS」、「新社会」創刊。西田幾多郎「思索と体験」。和辻哲郎「ゼエレン・キェルケゴオル」。吉野作造「現代の政治」。岩波書店「哲学叢書」刊行開始。斎藤秀三郎「熟語本位英和中辞典」。大谷光瑞「西域考古図譜」

■流行歌/現代節。乾杯の唄。恋はやさし。青島節(ナッチョラン節)

■流行語/金塊引き揚げ。宙返り。

1915年はどんな時代であったのか。

1月、日本は中華民国政府に21カ条の要求をつきつけます。中国は受諾せず、国際的にも日本の野心を示すものとして、列強の警戒心を強めましたが、日本政府は5月、日華新条約に調印しました。

3月の総選挙では与党の立憲同志会・中正会・大隈伯後援会が大勝します。議会では2個師団増設費・軍艦製造費を可決しましたが、大浦内相が告発されたのを機に、内閣は総辞職しました。

10月、英・仏・露3国からの加盟勧告を受け、単独不講和協約に参加するロンドン宣言に加入しました。

1915年(大正4年)

中国の21カ条要求の受け入れについて伝えた1915年5月10日の記事

中国の21カ条要求の受け入れについて伝えた1915年5月10日の記事

1.8 中華民国、日置益駐華公使に戦争区域廃止を通告、山東省からの日本軍撤退を要求

1.13 イタリアで大地震、死者2万9000人余

1.18 日本政府、袁世凱総統に対華21カ条要求を提出。旅順・大連の租借期限延長や山東省のドイツ権益の譲渡など

1.19 ドイツのツェッペリン飛行船、初めてロンドンを空襲

1.25 米価調節に関する勅令公布(即日施行)

1.30 南洋協会創立

2.1 日本銀行見返品担保拡張実行

2.2 対華21カ条要求に関する第1回日華交渉会議開催

2.3 台湾に初めて公立中学校を設置

2.4 ドイツ、英の北海封鎖に対して無差別無警告で船舶撃沈を宣言

2.8 長塚節死去、35歳

2.15 衆議院議員選挙資格に関する緊急勅令公布

2.25 上海で国民対日同志会結成

2.- 警視庁、不正白米商大検挙(252人)

3.16 ブライアン米国務長官、日本の対華要求の一部に不同意とする覚書を珍田駐米大使に手渡す

3.20 生糸買い上げのため帝国蚕糸株式会社設立(第1次蚕糸業救済)

3.21 ツェッペリン飛行船、パリを夜間空襲

3.25 第12回衆議院総選挙。大浦内相の大干渉で政府・与党圧勝。同志会147、中正会35、大隈伯後援会30(以上与党)、政友会108、国民党27、無所属33

3.25 中国各地で日貨排斥激化。中国政府、排日運動取り締まりを令達

4.4 アイルランド・ダブリンで独立共和国を要求してシン・フェイン党が蜂起、月末に鎮圧

4.12 山口県宇部の海底炭坑に浸水、死者235人

4.15 武蔵野鉄道池袋-飯能間開通(のちの西武鉄道)

4.17 第24回日華交渉開催、談判行き詰まる

4.22 ベルギー・イープルでドイツ軍、毒ガスを初めて大量に使用

4.24 トルコ、アルメニア人をロシアの味方だとして約175万人を追放開始、うち60万人がメソポタミア砂漠で餓死

4.25 英軍、ダーダネルス海峡のガリポリ上陸作戦開始、トルコ軍猛反撃

4.26 日置駐華公使、中国に譲歩修正の新要求案を提出

5.1 中華民国、日本の最終要求案を拒絶

5.3 イタリア、3国同盟を脱退

5.6 3元老・10大臣の御前会議、対華最後通牒案決定、7日交付

5.6 米国、日華交渉に関して英・仏・露に共同干渉を提議、3国いずれも拒絶

5.7 英国汽船ルシタニア号、アイルランド沖でドイツ潜水艦に撃沈される

5.9 中国、日本の最後通牒に21カ条要求の受け入れを回答(この日を中国国恥記念日とする。25日に条約調印)

5.13 漢口で民衆、日本商店を襲撃、邦人5人重傷、18日三菱支店焼き打ちされる

5.13 米ウィルソン大統領、ルシタニア号死者に米人139人が含まれていたことでドイツに抗議の覚書

5.13 米国、日華条約が中国の領土保全と門戸開放に違反したら不承認と日華両国に通告

5.20 第36回特別帝国議会開会(6月10日まで)

5.23 イタリア、オーストリアに宣戦

5.25 日華新条約調印(山東省・南満州・東部内蒙古・漢冶萍公司・福建省・膠州湾還付に関する条約・交換公文16条)

5.26 英で自由・保守連立のアスキス内閣成立。軍需省創設、初代軍需相ロイド・ジョージ

5.- 下旬、中国各地に排日運動激化

6.1 衆議院、2個師団増設案可決

6.6 焼岳が爆発。7月、噴火で上高地にできた池を大正池と命名

6.7 衆議院、政友・国民両党提出の選挙干渉に関する大浦兼武内相弾劾案否決。8日両党提出の内閣不信任案否決

6.7 外蒙に関する露・蒙・華3国協定成立(外蒙の自治を承認)

6.19 排日運動緩和のため渋沢栄一・鈴木文治ら渡米、カリフォルニア州労働者大会、AFL大会に出席

6.27 代議士・白川友一、板倉中ら増師問題で政府に買収され収監

7.2 各省に参政官、副参政官新設。与党議員を任命

7.5 中央畜産会設立

7.6 台湾台南で独立を求めて反日蜂起、約2500人参加、10カ月間続く。903人に死刑判決、95人に執行

7.27 ハイチで暴動、大統領殺害。28日米海兵隊ハイチ上陸、鎮圧

7.29 議員買収汚職で大浦内相辞表提出

7.30 大隈重信内閣総辞職

8.1 樺太に郡町村制施行

8.5 ドイツ軍ポーランドに侵入し、ワルシャワ占領

8.10 大隈内閣一部改造して留任、連帯責任論をとなえ辞職の3大臣の後任補充

8.16 朝鮮での神社寺院規則、布教規則公布

8.18 第1回全国中等学校優勝野球大会、豊中球場で開催。出場10校、京都二中が優勝

8.21 イタリア、トルコに宣戦

8.- 朝鮮各地で独立運動起きる

9.1 井上馨死去、79歳

9.16 米・ハイチ条約調印。米は事実上ハイチを保護国化

9.22 海軍技術本部令・海軍艦政部令公布

9.- 東京帝国大・山極勝三郎らタールを使って人工の皮膚がん発生に成功

10.6 胡漢民ら、討袁宣言、檄文を発表

10.6 ドイツ・オーストリア軍、セルビアへ進撃、9日ベオグラード占領

10.7 米価調節調査会官制公布施行

10.11 仏の昆虫学者ファーブル死去、91歳

10.15 ドイツ・ケムニッツで飢餓暴動、以後各地で発生

10.19 政府、英・仏・露3国政府間の単独不講和のロンドン宣言に加入

10.24 英国、メッカのフセイン知事に、対トルコ参戦の見返りとしてアラブ王国の独立を約束

10.28 日・英・露公使、中国袁世凱に帝政延期を勧告

11.3 山下汽船の靖国丸、地中海でドイツ軍艦に撃沈される

11.10 京都御所・紫宸殿で大正天皇即位の大礼

11.30 単独不講和の日仏英伊露5カ国宣言に調印

11.30 東京株式市場大暴騰(東株売買12月3日まで立ち会い停止)

12.1 第37回帝国議会開会

12.2 石炭坑爆発取締規則制定

12.11 中国参政院、袁世凱を皇帝に推挙、袁は翌日帝位を受ける

12.11 米人チャールス・ナイルス、青山練兵場上空で宙返り飛行

12.18 政友・国民両党提出の内閣弾劾決議案(大浦内相不起訴問題・乃木家再興事件)否決

12.21 日本郵船の八阪丸、100万円の政府所有金貨を積んで地中海でドイツ潜水艦に撃沈される

12.23 雲南都督・唐継尭ら、共和擁護、帝制取り消しなどの要求を袁世凱に通告、25日雲南独立を宣言し、四川・貴州・広東に進撃開始。中国第3革命勃発

12.25 英国、イブン・サウドに中央アラビア・ペルシャ湾沿岸地帯領有を約束

日本人は非常に優秀ですが、有色人種が欧米列強の間でどんなにもがいても、差別されることから逃れることはできない時代でした。

前の年

松井須磨子が歌った「いのち短し恋せよ乙女」 - 1914年(大正3年)
松井須磨子(まつい・すまこ)は、新劇の女優でした。この年、帝国劇場で上演された芝居「復活」(トルストイ原作)のなかで歌った「カチューシャ...

次の年

大正デモクラシーの先駆者、吉野作造が活躍 - 1916年(大正5年)
吉野作造(よしの・さくぞう)は、政治学者であり、評論家でもありました。大正デモクラシーの先駆者で、「民本主義」という考え方を用いて、政治...

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

岩波書店がこの年、開業しました - 1913年(大正2年)
岩波茂雄(いわなみ・しげお)は出版人であり、岩波書店の創立者でもあります。この年8月、東京・神田神保町に古本屋「岩波書店」を開業しました...
乃木希典は明治天皇に夫婦で殉死 - 1912年(明治45年/大正元年)
乃木希典(のぎ・まれすけ)は、これぞ日本人と言えるような人でした。軍人であり、明治天皇崩御に伴い夫婦で殉死をします。現代では考えられ...
平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)という、猛烈な女性 - 1911年(明治44年)
平塚らいてう(ひらつか・らいちょう)は、女性解放運動家です。この年、日本最初の女性による文芸雑誌「青鞜」を発刊します。創刊の辞「元始...

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿