サザエさんの長谷川町子が連載を始めた年 - 1946年(昭和21年)

サザエさんの長谷川町子が連載を始めた年 – 1946年(昭和21年)

長谷川町子(はせがわ・まちこ)は漫画家でした。

長谷川町子戦後日本の家庭漫画を代表する『サザエさん』の生みの親です。この年4月から連載が「夕刊フクニチ」で始まりました。

1949年からは「朝日新聞」に舞台を移し、25年間、計6477回にわたる長期の連載となったのです。

市井の主婦の目で世相を追い、わかりやすく風刺も織り交ぜて庶民生活の移り変わりを描いた作品でした。

69年にテレビアニメ化され、色あせることなく今でも高い人気を保っています。

その他の作品に、『いじわるばあさん』『エプロンおばさん』など。85年に自作品の原画などを展示した長谷川美術館を東京・世田谷に開設しました。

近くの商店街の通りは「サザエさん通り」として親しまれています。

実生活では生涯独身で、姉と2人暮らしでした。生前、「私の生活範囲は狭い。おまけに出嫌いで、ほとんど家の中ばかり」と語っていましたが、新聞やテレビを通じて社会観察を怠らなかったといいます。

人前に出ることを嫌った人らしい去り方で、その死は35日の間、遺言によって伏せられていました。

佐賀県生まれ(1920~92年)。

1946年はどんな時代であったのか。

■社会/警官のサーベル廃止。婦人警官初採用。発疹チフス大流行。DDT強制散布

■文化/永井荷風「腕くらべ」。野坂参三「亡命三十年」。尾崎秀実「愛情はふる星の如く」。河上肇「自叙伝」。ベルデ「完全なる結婚」。レマルク「凱旋門」。「世界」「展望」創刊。「改造」「中央公論」復刊

■流行歌/啼くな小鳩よ。東京の花売り娘。かえり船。悲しき竹笛

■映画/大曽根家の朝。わが青春に悔いなし。カサブランカ

■流行語/アッそう。愛される共産党。アプレゲール。隠匿物資。カストリ。ニューフェース。

1946年の主な出来事。

1月に天皇の人間宣言があり、その後、軍国主義者の公職追放、農地改革、労働組合結成といった民主化が急テンポで進みました。

4月には、新選挙法による総選挙が行われ、社会・共産両党や多数の女性議員が衆院に進出しました。

ただし政府による無制限な支出は悪性インフレをもたらし、深刻な食糧不足もあって、国民生活はどん底に落ち込みました。

国際的には、チャーチル英前首相の「鉄のカーテン」演説があり、東西両陣営による冷戦が幕を開けました。

1946年(昭和21年)

1.1 天皇が神格化否定の詔書

1.4 GHQが軍国主義者の公職追放・超国家主義団体27などの解散を指令

1.8 新高級たばこ「ピース」(10本入り7円)が日曜・祝日だけ発売

1.10 第1回国連総会開く(ロンドン)

1.11 アルバニアで王制廃止、制憲議会が人民共和国を宣言

1.12 共産党の野坂参三、延安から帰国。26日東京・日比谷公園で行われた帰国歓迎大会で「愛される共産党」を主張

1.12 国連安全保障理事会成立

1.12 民主主義科学者協会(民科)創立大会

1.15 山川均、人民戦線の結成を提唱

1.17 日本労働組合総同盟結成

1.19 マッカーサー、極東国際軍事裁判所条例を承認、戦争犯罪人を審問・処罰のため裁判所設置を命令

1.19 NHKがラジオで「のど自慢素人音楽会」を初放送

1.21 GHQが人身売買の公娼制度廃止を指令。1万4000人が解放される

1.24 米国政府、ビキニ環礁を核実験場に選定。3月7日ビキニ島民、ロンゲリック環礁に強制移住

1.28 GHQが映画検閲に関する覚書を出し、検閲を始める

1.29 GHQ、奄美大島を含む琉球列島・小笠原群島などに対し、日本の行政権を停止する覚書

2.1 GHQの指令で第1次農地改革実施。不在地主の田畑が没収され、自作農増える

2.1 ハンガリーで新憲法制定、人民共和国を宣言

2.3 マッカーサー、GHQ民政局に戦争放棄などを含む日本国憲法草案の作成を指示

2.8 憲法改正要綱(松本烝治試案)をGHQに提出

2.8 北朝鮮で「臨時人民委員会」が成立(委員長・金日成)

2.9 日本農民組合結成

2.13 GHQが憲法改正松本試案を拒否、マッカーサー草案を政府に手渡す

2.14 南朝鮮で米軍政を背景に、軍政諮問機関として大韓民国代表民主議院を開設(議長・李承晩)

2.16 政府、経済危機緊急対策を発表

2.17 金融緊急措置令公布(総合インフレ対策として新円発行)。3月3日以降旧円の流通禁止

2.17 臨時財産調査令・隠匿物資等緊急措置令公布

2.19 天皇が戦後初の地方巡幸

2.21 日本民主主義文化連盟結成。理事長・中野重治

2.22 閣議で憲法のマッカーサー草案の受け入れを決定

2.24 共産党第5回大会。平和的民主的手段による革命方式を採択

2.26 対日政策の最高決定機関・極東委員会がワシントンで成立

2.28 臨時軍事費特別会計の終結に関する件公布

3.3 物価統制令公布施行(いわゆる3・3物価体系)。米価を基準(生産者価格1石=300円)に生計費・賃金を決定、生産・配給の統制強化(500円生活)

3.5 チャーチル前英国首相が米フルトンで「鉄のカーテン」演説。反共連合の必要を強調。3月13日スターリン・ソ連首相が対ソ戦争挑発と言明

3.6 政府がマッカーサー草案の趣旨に基づく憲法改正草案要綱(主権在民、象徴天皇、戦争放棄を規定)を発表

3.9 社会党、山川均提唱の人民戦線に不参加を決定

4.1 英のマラヤ軍政が廃止され、マラヤ連合成立。シンガポールは単独の英直轄植民地に

4.5 連合国対日理事会第1回会合開催

4.9 オランダとインドネシアがハーグで会談(~24日)、和平交渉失敗。以後インドネシアの反オランダ武力闘争が本格化

4.10 新選挙法による第22回総選挙(自由141、進歩94、社会93、協同14、共産5、諸派38、無所属81)。女性39人当選

4.20 持株会社整理委員会令公布(8月22日発足、持株会社計83社指定)。9月30日三井・三菱・安田保善各本社解散決定

4.22 長谷川町子作の漫画「サザエさん」が「夕刊フクニチ」に連載開始。1949年12月1日から朝日新聞に連載

4.22 幣原内閣総辞職

4.23 幣原喜重郎、進歩党総裁に就任

4.26 人口調査結果の失業者数(潜在失業者を含む)は600万、完全失業は150万

5.1 第17回メーデー(戦後初のメーデーで、11年ぶり)

5.3 極東国際軍事裁判所開廷(東京・市谷)

5.4 鳩山一郎自由党総裁を公職追放の指定

5.6 NHKが「街頭録音」の放送開始

5.12 食糧事情が悪化し、皇居前で大規模デモ。19日には東京で「米よこせ」の食糧メーデーに25万人

5.20 マッカーサー、大衆示威運動に対し「暴民デモ許さず」と声明書を発表

5.22 第1次吉田茂内閣成立

5.26 チェコ制憲議会で共産党が第1党に。30日同党のゴットワメトを首相に選出

6.3 フランスが、親バオ・ダイ派のヌエン・バン・スアンを首班とするコーチシナ臨時政府を擁立。9日ホー・チ・ミン政権がこれを拒否し、反仏軍事行動を再開

6.5 イタリアが王制廃止を公表。13日共和国宣言

6.9 GHQが警察の地方分権化や民主化を盛り込んだ警察制度改革に関するバレンタイン調査団の報告書を発表

6.13 読売新聞社、GHQの勧告で鈴木東民編集局長ら6人に退社命令。紛争激化

6.18 極東国際軍事裁判の米側首席検事キーナン、ワシントンで天皇を戦争犯罪人として裁判せずと言明

7.1 米国がビキニで大戦後初の原爆実験開始

7.1 インドのボンベイでヒンズー教徒とイスラム教徒間に大衝突発生。死傷者多数、両者の対立激化

7.4 フィリピン共和国独立宣言

7.12 中国で国府軍50万人が蘇皖解放区に対し攻撃開始。全面的内戦始まる

8.1 日本労働組合総同盟(総同盟)結成

8.1 全国一斉にヤミ市取り締まり実施(1月8日現在で都内の露天商約5万5000人)

8.6 GHQ、戦時以来の全統制会の解散と戦後経済統制の新機構確立を命令する覚書

8.8 臨時閣議、軍需補償打ち切りの根本方針を決定

8.12 経済安定本部・物価庁設置

8.16 経済団体連合会(経団連)発足

8.18 吉田茂、自由党総裁に決定

8.19 全日本産業別労働組合会議(産別会議)結成大会(委員長、聴濤克巳)

8.20 買い出しの女性ら10人を殺害した小平義雄が逮捕される(死刑)

8.21 復活した全国中等学校野球大会で浪商が優勝

8.26 フランス・ラオス協定調印。フランスがラオス王国へのフランス連合内自治付与に同意

8.- 自由物価が日中戦争前基準で307.5倍に上昇

9.8 ブルガリアで国民投票、王制を否認。15日人民共和国を宣言

9.9 生活保護法公布

9.10 海員組合スト

9.25 笹森順三ら国民党結成

9.27 労働関係調整法公布

10.1 ニュルンベルク国際軍事裁判判決。12人に絞首刑。16日絞首刑執行

10.1 全日本炭礦労組連合会(全炭)スト突入。東芝も

10.7 貴族院の修正に衆院も応じ、ほぼ政府案どおりに日本国憲法が国会で成立

10.19 戦時補償特別措置法・金融機関再建整備法・企業再建整備法・特別和議法公布(軍需補償打ち切りに対処するための法的措置)

10.19 最低生活給要求中の日本電気産業労組協議会(電産)、停電スト開始

10.21 農地調整法改正、自作農創設特別措置法公布(第2次農地改革)

11.1 第1回国民体育大会(国体)、大阪、京都を中心に開催

11.3 日本国憲法公布

11.10 フランス国民議会総選挙で共産党が第1党に。12月16日ブルム社会党内閣成立

11.15 オランダとインドネシアの第2次会談でリンガジャチ協定仮調印。インドネシア共和国の主権行使とオランダ・インドネシア連邦の連合樹立を決定

12.3 NHKがクイズ番組「話の泉」の放送開始

12.5 樺太引き揚げ第1船、函館入港

12.8 シベリア引き揚げ第1船、舞鶴入港

12.19 第1次インドシナ戦争始まる。フランス降下部隊がハノイを攻撃。20日ホー・チ・ミン・ベトナム民主共和国主席が全ベトナム人民に反仏抗戦のアピール

12.21 近畿、四国を中心に大地震と津波が発生。死者1300人を超える(南海地震)

12.27 傾斜生産方式を決定(石炭増産)

12.- 全国の浮浪者推定6000人、うち浮浪児4000人。「闇の女」推定1万8000人

日本にとっても新たな始まりではありましたが、世界的にも冷戦という、かつてない対立が浮き彫りになったのです。

ひょっとすると我々は、本心から平和を望んではいないのか、人類に対する不信感も新たに芽生えた年と言ってもよいのではないでしょうか。

前の年

ダグラス・マッカーサーが日本にやってくる - 1945年(昭和20年)
ダグラス・マッカーサーはアメリカの軍人でした。この年8月、日本を占領統治する連合国最高司令官に任命されて、丸腰にコーンパイプ姿で厚木に進...

次の年

裁判官、山口良忠は自らの法によって命を縮めた - 1947年(昭和22年)
山口良忠(やまぐち・よしただ)は裁判官でした。山口良忠は食糧難時代に当時の食糧管理法を守って、ヤミ米などを食べることを拒否しました。栄養...

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

フランクリン・ルーズベルトはアメリカの象徴 - 1944年(昭和19年)
フランクリン・ルーズベルトは政治家でありました。この年11月、米国史上初の大統領4選を果たします。ちなみに1951年以降は、3選以上は禁...
ウィンストン・チャーチルと第二次世界大戦 - 1943年(昭和18年)
ウィンストン・チャーチルは政治家でした。英首相として、この年の11月にカイロ会談に参加します。対日戦の基本方針を討議し、宣言したのです。...
尾崎行雄は憲政の神様と呼ばれた男 - 1942年(昭和17年)
尾崎行雄(おざき・ゆきお)は政治家でした。護憲運動の先頭に立ち、「憲政の神様」と呼ばれました。この年4月、軍部や東条内閣を批判する演...

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿