認知症 予防 のために アロマテラピー を

認知症、予防のためにアロマテラピーを

アロマテラピーやアロマセラピーで、認知症の予防ができると話題になっています。

認知症、予防のためにアロマテラピーを

鼻から嗅いだ匂いが、脳に多少なりとも影響を与えるのは間違いのないことなので、認知症の予防にアロマが、何らかの役割を果たす可能性は十分にあります。

アロマテラピーでダイエット効果を
家でリラックスしながら、アロマを楽しむ方法香りの魔術アロマテラピーで、心からのリラックスを手に入れてください。このサイトでは、家...

オーストラリアなどでは、アロマセラピーやハーブ療法などは医療保険の対象にもなっていますし、認知症の治療に役立つのであれば、万々歳です。

ハーブは神の贈り物、ハーブティーを美味しくいただく
ハーブティーの入れ方まず、新鮮で汚染されていない、ハーブを用意してください。ハーブティーの抽出法浸剤法(しんざいほう)植...

このサイトでも、アロマテラピー、アロマセラピー、ハーブティーなどをホームケアで楽しむ方法を紹介しています。興味のある方は、試してみるのも面白いと思います。

ただし認知症は発症してしまうと、残念ながら現在のところ、有効な治療手段はありません。

あくまでも初期段階の方が進行を防ぐ、発症を遅らすという考え方でないと、期待外れに終わると思います。

認知症は想像よりもずっと、家族にとって過酷な病気です。もちろん本人にとっても、辛い病気であることは言うまでもありません。

テレビや映画などで出てくる、かわいい認知症患者なんて、虚像です。

メディアは認知症の本物の姿を、たとえフィクションの中でも描くべきです。体験したことのない方は、おそらくびっくりするでしょう。

私は6年間、身内の認知症患者の介護をしました。病院に入院していても、面倒見きれないと追い出されたこともあります。

アロマと薬を併用して予防すれば、かなりの効果が期待できます。高齢者の面倒を見る可能性がある人は、出来る限りの予防をしたほうが良いと断言できます。

認知症に効果が期待されている精油(エッセンシャルオイル)をまとめてみます。

ローズマリーとレモンのブレンド

期待される効果:集中力と記憶力の強化

レモン
レモンはフレッシュで、若さあふれる香りです。新鮮さに満ちた、レモンそのままの香りで、頭も体もスッキリさわやか、リフレッシュさせること...
アロマオイルのブレンド
香りのタイプ別分類香りのタイプ香りの印象柑橘系オレンジ、ベルガモット、グレープフルーツ、レモン、レモングラス気持ちを...

ラベンダーとオレンジスイートのブレンド

期待される効果:心や体に安らぎを与える。

これらが認知症には、効果があるようです。

ホームケアで行う療法としては、吸入がお勧めです。芳香浴や沐浴なども、試してみるとよいでしょう。

吸入
アロマテラピーは匂いによるマジックです。そういう意味において言えば、吸入が一番、イメージしやすい方法だと言えます。鼻から入ったアロマ...
芳香浴
アロマオイルの代表的な使い方には、吸入やトリートメントなどがあります。この芳香浴もアロマオイルの使い方としては、非常に優れた方法だと...
沐浴
アロマオイルでの沐浴は手軽に楽しめて、高い効果が期待できます。アロマオイルを使わなかったとしても、お風呂に入れば心身をリラックスさせ...

なお、どれも注意事項をよく読んでから、慎重に行ってください。

精油(エッセンシャルオイル)の量は、高齢者の方には、あまり多くしないほうが無難だと思います。

薬で発症を遅らせるという手もあります。

アルツハイマー型認知症なら、発症を遅らせる薬もありますし、運動や脳を使うゲームなどで、総合的に予防の手段を取るのも効果的です。

また生きがいや居場所など、メンタルにかかる部分も発症を早める一つの要素になり得ますので、いろんな面から、予防を怠りなく行うほうが、より高い効果が期待できるでしょう。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

認知症の介護となると、家族の方はまさに地獄です。

つきっきりで介護ができる方なんて、そうそういません。

ただでさえ老人福祉施設は入居しにくいのに、重度の認知症の方となると、対応してくれる施設はもっと少なくなります。

将来のことを考え、早くから備えておくことを強く、おすすめします。

最後にもう一度言いますが、認知症は予防のタイミングが一番重要です。

発症してしまうと、今のところ手の打ちようがありません。いかに早く予防をするかどうかが一番、重要です。

もしも5年、発症を遅らせることができれば、かなりの人が認知症を経験せずに、安らかに寿命を全うできます。

それがどれほど幸せなことか、そのうち嫌というほどわかります。

どうか、予防の効果が出ますように、心より祈っております。

スポンサードリンク

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございます。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿