乗り物は20世紀の最大の成果だ

乗り物は20世紀の最大の成果だ

20世紀でもっとも発達したものは、間違いなく乗り物です。

乗り物は20世紀の最大の成果だ

乗り物の発達は地球上の距離を劇的に縮めました。20世紀に入ってすぐに出現した飛行機は、その極め付けと言ってもいいでしょう。

世界のどこへでも、1日程度で行ける夢を実現したのです。当時としては、画期的な発明だったに違いありません。

さらに自動車の普及は、世界中の人々の生活を一変させました。

ところが乗り物の進化はデメリットも多く、排ガスや騒音などの環境汚染だけでなく、交通渋滞も深刻化しました。

そのせいで他の交通手段、電車などが再び見直され始めています。

水素などの、新エネルギー源の実用化の成否が、次世紀の乗り物の将来を決めることになるかもしれません。

心よりの郷愁をこめて、20世紀の乗り物の進化をまとめます。

1901.5.27 山陽鉄道神戸―馬関(後の下関)間全通。青森から下関まで鉄道で行けるようになる

1903.4.- 広島市で乗合自動車営業開始(バスの始まり)
8.22 東京に市街電車(新橋―品川間)開業。東京馬車鉄道の路線を利用
12.17 ライト兄弟(米)、世界初の操縦された有人動力飛行に成功。4回飛んで最長251メートル、滞空59秒

1904.8.21 甲武鉄道飯田町―中野間で電車の運転を開始(国電の始まり)

1905.4.12 阪神電鉄、西梅田―雲井通八丁目間開業
9.11 山陽汽船会社、下関―釜山間連絡航路開始

1906.3.31 鉄道国有法公布(1907年までに幹線私鉄17社を買収し国有化)
11.26 南満州鉄道株式会社設立

1907.4.- 国産自動車第1号「タクリー号」が完成
11.13 コルニュ(仏)、自作ヘリコプターで世界初の自由飛行に成功
12.3 帝国運輸株式会社、貨物自動車営業を開始

1908.-.- フォード自動車、T型車の大量生産を開始
4.- タービン船「天洋丸」が三菱長崎造船所で竣工

1909.7.25 ルイ・ブレリオ(仏)、英仏海峡横断飛行に成功
8.25 遠洋航路補助法公布
11.21 鹿児島線門司―鹿児島間全通

1910.9.8 国産初の飛行船山田式第1号完成、東京・大崎で試験飛行
12.14 日野熊蔵大尉、代々木練兵場で日本初の飛行に成功。19日、徳川好敏大尉も飛ぶ

1911.5.1 東京―名古屋間中央線全通
5.5 初の国産飛行機、奈良原式第2号が所沢で飛行に成功
10.1 下関―小森江間で曳航による貨車航送を開始

1912.4.14 世界最大の客船「タイタニック」号、大西洋で沈没、1513人死亡
5.11 信越線横川―軽井沢間で電気機関車の使用を開始(電化の始まり)
6.15 新橋―下関間に展望車連結の1、2等特別急行列車運転開始
8.- 東京・有楽町駅前でタクシー営業始まる

1913.4.26 帝国飛行協会設立

1914.8.15 パナマ運河が開通
12.20 東京駅が開業。東海道本線の起点となる

1917.12.2 横浜大桟橋が完成

1918.8.29 生駒鋼索鉄道開業(ケーブルカー営業の始まり)

1919.3.1 東京市街自動車株式会社(青バス)運行開始
6.15 オルコックとブラウン(英)、ビミー双発機で初の大西洋無着陸横断飛行に成功

1922.11.1 宗谷本線が稚内まで開業、日本の北から南まで鉄道が全通
11.15 日本初の民間定期航空が運航開始(堺―徳島間)

1923.1.11 東京―浜松―大阪間の定期航空始まる
3.- 品川駅に初めて高声電話機(拡声機)を設置
-.- ル・マン24時間耐久レースはじまる

1924.1.18 東京市営乗合自動車開業。円太郎バスの愛称
4.6~9.28 米海軍の水上機3機、初の世界一周飛行に成功。実飛行時間351時間11分
7.23~31 大毎の「はるかぜ」水上機、本土一周飛行に成功。実飛行時間33時間52分

1925.4.20 逓信省、東京―大阪―福岡間の航空郵便輸送業務を開始
11.1 東京・山手線の環状運転開始

1926.4.25 東京駅、上野駅で入場券自動券売機を使用開始
9.28 省線電車の一部にドア・エンジンの使用を開始。飛び乗り降りの事故防止のため

1927.5.20~21 米のリンドバーグ、初の単独大西洋横断飛行に成功。飛行時間33時間30分
12.30 日本初の地下鉄、上野―浅草間に開通

1928.8.1 兵庫県新花屋敷温泉で日本初の無軌条電車(トロリーバス)営業開始

1929.7.15 東京―大阪―福岡間に定期旅客航空始まる(1日1往復)
8.19 独の飛行船「グラーフ・ツェッペリン」号、世界一周の途中、霞ケ浦飛行場に着陸
10.11 日本郵船の大型客船「浅間丸」(1万6947総トン)、サンフランシスコ線に就航

1930.10.1 東京―神戸間に各等特別急行列車「つばめ」号を運転開始

1931.2.5 日本初のスチュワーデス、「エアガール」の名で東京航空輸送の東京―清水線に乗務開始
5.27 ピカール(スイス生まれ)、ベルギーで気球で高度1万5781メートルの成層圏まで上昇する
8.25 東京・羽田の埋め立て地に東京飛行場(通称羽田飛行場)が完成、運用開始
9.1 清水トンネル(9702メートル)完成により上越線全通
10.3~5 米のハーンドンとパングボーン、青森から離陸し初の北太平洋無着陸横断飛行に成功

1932.7.15 熱海―箱根間の自動車専用道路20.8キロ開通

1933.9.23 ライヒス・アウトバーン(ドイツ自動車国道)が起工
11.2 日本航空輸送、東京―大阪間毎日1往復の夜間郵便飛行業務を開始

1934.12.1 満鉄の国際列車「あじあ」号、大連―新京(長春)間の運転を開始

1937.4.6 朝日新聞社「神風」号の亜欧連絡飛行成功。立川~9―ロンドン間の実飛行時間は51時間19分23秒
5.6 独の飛行船「ヒンデンブルク」号、米で爆発、33人死亡。大型飛行船の時代終わる

1938.3.31 東京駅構内の人力車廃業
5.13~15 航研長距離機、周回距離1万1651キロ、平均時速186.19キロの日本初の世界記録を樹立
11.- タクシー、全国的にメーター制を実施

1939.5.31 大阪商船「あるぜんちな丸」、三菱長崎で竣工
7.11 鉄道幹線調査会設置。東京―下関間新幹線の計画が具体化
8.26~10.20 毎日新聞社の「ニッポン」号、世界一周飛行に成功。飛行距離5万2260キロ
8.27 世界初のターボジェット機、ハインケルHe178(独)が初飛行

1940.5.13 現代のヘリコプターの原型となったシコルスキーVS‐300(米)が初飛行

1942.7.1 関門海底トンネル下り線開通し営業開始(上り線は44年8月8日開通)

1944.4.1 決戦非常措置要綱により1等車、寝台車、食堂車を全廃、旅客輸送を厳しく制限

1945.12.31 敗戦により、GHQ(連合国軍総司令部)が日本の全航空活動をこの日限りで禁止

1947.2.25 八高線で列車転覆、死亡174人、負傷265人
10.14 ベルX‐1速度研究機(米)、ロケットエンジンで初めて音速を突破

1949.2.27~3.2 B‐50機(米)、94時間で世界初の無着陸世界一周飛行に成功(途中空中給油4回)
7.27 世界初の実用ジェット旅客機「コメット」(英)初飛行

1950.-.- F1世界選手権はじまる(全7戦)

1951.1.30 GHQ、日本政府に国内航空輸送事業を許可する旨を通達
4.24 桜木町駅構内で電車2両が焼け、死亡105人、重軽傷75人、日本の鉄道で最大の電車事故
8.1 日本航空(株)設立
10.25 日航国内線再開1番機「もく星」号、羽田―大阪―福岡便に就航、第1便乗客36人

1952.4.9 日航「もく星」号、三原山に衝突、乗員乗客37人全員死亡

1953.10.10 キハ45000型液体式ディーゼルカー完成。以後国鉄のディーゼル化大いに進む
12.1 参宮道路営業開始(国営有料道路の最初)

1954.2.2 日航、初の海外線として東京―ホノルル―サンフランシスコ線を開始。使用機はDC‐6B
9.26 台風15号のため青函連絡船「洞爺丸」が転覆、旅客・乗員1153人死亡

1955.5.11 宇高連絡船「紫雲丸」、「第3宇高丸」と衝突し沈没、死者1546人、行方不明33人

1956.11.19 東海道本線全面電化。東京―大阪間、特急で7時間30分となる

1957.7.29 広島バスセンター開業(バスターミナルの最初)

1958.11.1 東京―神戸間に初のビジネス特急「こだま」運転

1959.12.3 タクシー個人営業を認可
-.- 初の原子力砕氷船「レーニン」号(ソ連)が完成

1960.11.19 世界初の実用垂直離着陸機、ホーカーP1127(英)が初飛行

1961.4.12 ソ連の衛星船ボストーク1号、ガガーリン少佐を乗せ地球を一周、人類初の宇宙飛行
6.12 英・マン島のオートバイレースで本田技研チームが125、250cc両クラスで1~5位を独占
12.28 新明和工業、日本最初の水中翼船を完成

1962.5.3 常磐線の三河島駅付近で二重衝突、死者156人、重軽傷者325人
6.10 北陸本線北陸トンネル開通。13.87キロで日本最長、世界第7位
7.10 佐世保重工佐世保造船所で「日章丸」(13万トン)が進水。当時世界最大のタンカー
8.12 堀江謙一、1人乗りヨット「マーメイド」号でサンフランシスコ到着。太平洋横断に成功
8.30 戦後初の国産旅客機YS‐11が試験飛行に成功

1963.3.30 新幹線試運転電車、時速256キロを出す
1.9 東海道本線の鶴見駅付近で電車衝突、死傷281人

1964.9.5 名神高速道路一宮―西宮間開通
9.17 東京モノレール、浜松町―羽田空港間に開通
10.1 東海道新幹線開業。東京―新大阪が4時間。65年11月から3時間10分に

1965.10.24 F1でホンダ初優勝(メキシコ戦)

1966.2.4 全日空ボーイング727型機が羽田沖で墜落、死者133人

1967.10.1 大阪―博多間に寝台電車特急「月光」を走らせる(世界最初の試み)

1969.2.9 ボーイング747(米)初飛行、一挙の座席増で空の旅の低料金化へ道ひらく
3.2 初の実用超音速旅客機コンコルド(英仏共同開発)が初飛行
5.26 東名高速道路・東京世田谷―小牧間全線開通
7.17 アポロ11号宇宙船(米)打ち上げ。21日、人類が初めて月に立つ

1971.7.30 全日空ボーイング727が岩手県雫石上空で自衛隊の戦闘機と空中衝突、全日空機の162人全員死亡

1972.3.15 新幹線新大阪―岡山間開業

1975.3.10 新幹線岡山―博多間開業

1976.3.2 国鉄のSLが営業線から消える
10.22 F1日本で初の開催(富士スピードウェイ、決勝24日)

1977.1.2 日大の人力飛行機「ストーク改」、滞空4分27秒、距離2093メートルの世界記録樹立
4.16 宮崎浮上式鉄道実験センター開設。リニアモーターの実験用

1978.5.20 新東京国際空港(成田)が開港

1981.4.12 米、スペースシャトルを初打ち上げ

1982.6.23 東北新幹線大宮―盛岡間開業
11.15 上越新幹線大宮―新潟間開業

1985.8.12 日航ジャンボ機、御巣鷹山に墜落、520人死亡。単独機としては史上最悪の事故

1987.4.1 国鉄の民営化を実施、6旅客鉄道会社、日本貨物鉄道会社などに分割

1988.3.13 青函トンネル開通。翌日から青函航路を廃止
4.10 宇野線茶屋町と予讃線坂出を結ぶ本四備讃線・瀬戸大橋線開通、翌日から宇高航路を廃止

1990.5.18 仏国鉄のTGV、試運転で時速515.3キロの世界記録を樹立

1992.7.1 山形ミニ新幹線東京―山形間開業
9.12 毛利衛、スペースシャトル「エンデバー」に搭乗、日本人初の宇宙飛行士となる

1994.5.6 ユーロ海底トンネルが開通。英・仏が列車で35分で結ばれる

1997.10.1 長野新幹線東京―長野間開業
12.10 トヨタが世界ではじめて量産ハイブリッドカー「プリウス」を発売
12.12 JRのリニアモーターカー、有人走行で時速531キロを出し、鉄道の世界最速記録達成

2000.7.25 エール・フランスのコンコルド機、パリ郊外に墜落、114人死亡

これからも乗り物は、人類にとって欠かせない一部分を担うに違いありません。

便利で環境にも優しい進化を遂げていくことを、願ってやみません。

最後まで読んでくれて、本当にありがとうございました。

この記事を気に入ってくれた方に、次の記事をおすすめします。

戦争で明け暮れた20世紀
戦争のやり方で比較すると、20世紀の人たちは過去の人類に比べて、退化したと言わざるを得ません。大量殺戮の核兵器を初めて人類が使ったの...
生命科学において、やがて人間は神になり得るのか
1900年にメンデルの法則が再発見されたことは、20世紀の生物科学にとって象徴的な出来事でした。1950年代に遺伝の本質が解明されま...

成功の法則を理解すれば、眠っていた自信を呼び起こすことが可能です。

このサイトでは、ジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」からヒントを得て、独自に考案した、成功体験から幸せを呼び込む方法を紹介しています。

眠りながら成功するか、それとも読むだけで痩せてみるか
このサイトでのダイエットの方法は、眠りながら成功するというジョセフ・マーフィーの本からヒントを得て、考案したものです。ですから、ダイ...
幸福を呼び込む、成功の法則
成功の法則こそが、すべての原点ともいえる方法です。この方法に限らず、このサイトで公開している方法はすべて、眠りながら成功するというジ...
幸せへの近道、他人の幸福を祈って、自分が幸せを手に入れる方法
ネガティブな思考がほんの少しでも生じてしまえば、潜在意識はそちらのほうを優先します。そのせいで、まったく正反対の結果が現れる可能性ま...

人生に必要なのは、スリムなスタイルだけではありません。

シャープな頭脳も必要不可欠です。自信は人間にとって、もっとも重要な栄養分です。ぜひ、成功体験を味わうことから始めてほしいと思います。

ダイエットに興味がある方は、読むだけで行うダイエットをおすすめします。

読むだけで痩せる方法
普通の痩せる方法とは、一味も二味も違います。他のダイエットと組み合わせても、効果を発揮します。もちろん、単独の痩せる方法としても、有...
読むだけでリバウンドしない方法
リバウンドしない方法としては、もっとも簡単で効果的なダイエットです。ただし一般的な外からのダイエットとはまるで、違います。読むだけで...

ただしこれらの方法は、本格的なものです。それゆえに原稿も長く、たとえ読むだけにしても、結構、時間がかかります。そのかわり、見返りも大きいわけですが。

時間のない方には「ダイエット成功のバイブル」がおすすめです。

痩せる、ダイエット成功のバイブル
このたびやっと時間を短縮し、なおかつ効果を落とさない方法を確立することができました。ただし今までの方法(読むだけで痩せる方法、読むだ...

スポンサードリンク

言葉の拘束具とハードルを使う方法です。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿