湿布 - アロマテラピー は香りの魔術

湿布

アロマで湿布というのは、あまり聞きなれない方法かもしれません。

湿布

アロマオイルには殺菌作用などもあり、湿布として使っても、高い効果を期待できます。

ただしここでもお約束事になりますが、皮膚に直接アロマオイルが当たる場合には、使うアロマオイルを十分に吟味する必要があります。

以下の記事が参考になります。

肌タイプ別スキンケア
みんな肌をいじめているアロマオイルは使い方を間違えると、非常に刺激が強く、期待した効果が現れません。自分に合った方法で手作りコス...

それでは使い方に進みます。

温湿布

熱いお湯にタオルを浸して、直接、幹部にあてる。精油(エッセンシャルオイル)は3滴以下です。

期待できる効果

慢性の症状に対して、役に立ちます。膀胱炎、肩こり、腰痛、古傷、のどの痛みなど

冷湿布

水はできる限り、冷たくする。氷を入れても良い。精油(エッセンシャルオイル)は3滴以下です。ブレンドオイルを肌に塗り、そこに冷やしたタオルを巻いても良い。その上に氷をあてがっても良いです。

期待できる効果

急性の症状に対して、役に立ちます。傷、打撲、日焼け、やけど、発熱症状があるときなど。ただし、あくまでも緊急の一時的な処置である。なるべく早い段階に、温湿布にかえたほうが良い。

湿布の方法

  • 洗面器に水またはお湯を張る。
  • 目的に合ったオイルを3滴以下落とし、タオルや布に含ませる。
  • 軽く絞り、湿布する部位にあてる。

注意点

  • 温湿布は長く皮膚に密着するので、皮膚の精油(エッセンシャルオイル)に対する反応や、湿布の時間に気を配る。
  • 目など、粘膜の近くの湿布は、作用がマイルドなラベンダーかカモミールを使う。
カモミール
カモミール(ローマン)は、その名の通り青りんごそのものです。カモミール(ローマン)は、ギリシア語で「大地のリンゴ」と呼ばれています。...

さらにアロマを活かすために

エッセンシャルオイルを使って、家庭でアロマテラピーを楽しむための、色々な方法を掲載しておりますので、興味があればご覧ください。

アロマテラピーでダイエット効果を
家でリラックスしながら、アロマを楽しむ方法香りの魔術アロマテラピーで、心からのリラックスを手に入れてください。このサイトでは、家...

ダイエットに活かしたり、ストレスを取る手伝いをしたりと、アロマテラピーは様々な使い方がございますので、注意事項をお読みになり、存分に楽しんでいいただければ、とてもうれしいです。

またときには時間の空いた午後にでも、ハーブティーを入れて飲まれるのも醍醐味です。

ハーブは神の贈り物、ハーブティーを美味しくいただく
ハーブティーの入れ方まず、新鮮で汚染されていない、ハーブを用意してください。ハーブティーの抽出法浸剤法(しんざいほう)植...

スポンサードリンク

最後まで読んでいただいて、本当にありがとう。明日もまた、良い日が来ますように、お祈りしております。

もしこの記事を気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター、facebookなどでシェアーをお願い致します。 皆さまのシェアが非常にはげみになります。

tumblrへの投稿