緑内障:治療日記

2023年8月 まだ5歳と若いのに、左目が緑内障に…。緑内障は治らない病気。治らないけど、少しでも長く視力を維持してもらうために手術を選択しましたが…

2月11日 少し太ったかな?

少し、太ったかな? 丸くなったような気が…

1月25日 2か月ぶりのシャンプーカット

昨年末にシャンプーカットの予定でしたが、のんびりしていたらどこも予約一杯で、結局、昨日まで予約できず、やっとカットしてもらいました。いつもはスムースチワワのようにサマーカットでしたが、最近は寒いので、久々にロングコートチワワカット。青いよだれかけ?みたいなものがついていました…

2024年1月20日

目薬をやめてから、白濁することも少なくなりました。たまに、パイプ周辺に硝子体のつまりによる白濁がありますが、しばらくすると流れているようです。ただ、光の当たり方によっては、眼球が白っぽくなっているので見えないんだろうなぁ。ただ、以前のような痛そうな様子はないですね。食欲も旺盛だし。

12月14日 6歳になりました

6歳になりました。目が悪くなってから、より甘えん坊になった気がします。人間でいえば、40代前半?、これからもよろしくお願いします。

12月6日 目薬不要に!

一か月ぶりの検診。目薬のことを先生に話すと「かなり強い目薬を使っているから、目が収縮してパイプの流れを悪くしているのかも。目もきれいだし、痛がっていないのなら目薬はやめて、様子を見ましょう。シリコンボールの手術もまだ、大丈夫ですね」ということで、目薬は当面、中止。さすがに、一か八か、パイプの流れがよくなるように、まぶたをマッサージしたことは言えなかったです… でも、結果的に、流れは改善されたみたいだし、傷などによる目の化膿もないし、よかったのかな? もちろん、ほかの人に、お勧めはしませんが… 検診ついでに、混合ワクチンも打ってもらいました。

11月25日 食欲ないのかな

先週まで、朝は散歩してからご飯を食べていたレオン。寒くなってきたので、お散歩を昼間に変えたせいか、一昨日は、朝ごはんを食べず… 今日も、朝ごはんを食べない… ご飯大好きなのに… 今、お散歩から帰ってきたら食べた! 朝は暗くて寒いけど、朝、散歩に行ったほうがいいのかな? 目のほうは、ここのところ、濁りはない感じ。目薬も、調子いい時にさすと、翌日、濁るような感じなので、目が濁ってきた時だけにさすようにしました。

11月9日 一進一退…

目薬は、3個から2個に減りました。うーん、左目は白く濁ったり、かと思うと、きれいになっているような日もあったり…。たまに、パイプのつまりが流れればいいなと思って、左目のパイプのところを指でマッサージしたりしています。痛がっていないし、まあ、いいか…

10月18日 近いうち、また手術かな…

今日は、定期検診へ。眼圧は右20、左70。でも、以前みたいに痛がる様子はなく、体重も増えていました。視力はすでにないものの、このまま、目薬で治療を続けて、目周辺がさらに赤く悪化してくるかなどになった時に、「強膜内シリコンボール挿入手術」をするそうです。目の内部を取り出し、シリコンボールを入れることで、痛みや、目薬による治療は続けなくてよくなるそうです。ただ、1割くらいはドライアイを発症するケースもあるとか。あれ?どうして、今、目薬治療続けているんだろう?今度、聞いてみよう。

10月13日 もう、見えないのかな?

今朝は寒いので、服を着て散歩。目薬のおかげか、左目の白濁は少し良くなったような気がします。左目をつぶるようなそぶりもなくなりました。ただ、左目前に手を近づけても瞬きしないし、もう、見えないのかな… 散歩のときも、右に行ったり、左に行ったり、何度も何度も振り返ったり… でも、緑内障になる前くらい元気。

10月11日 数日前に順調と伝えたばかりなのに、再再発…

昨夜、左目の白濁が再発。痛そうに左目を細めたり、つぶったり…一夜明け、食欲はあり、少しは良くなったようでしたが、念のため病院へ。眼圧は右目24、左目59。8月の時は水晶体下部から硝子体が染み出てきてチューブを詰まらせましたが、今回は、水晶体上部から硝子体が染み出てきてチューブを詰まらせていました。眼圧を下げる目薬で少し様子を見ますが、こんなに短期間で硝子体が染み出てくるとなると詰まりを除去する再再手術はほとんど意味がありません。失明の時期を遅らせることは諦め、せめて痛みがない方向で治療を進めてもらう予定です。ごめんね、たった2か月しか視力を維持できなかったのに、痛い手術を2度も受けさせて… でも、少しでも見える状態を長く保ってほしかったんだよ…

10月7日 今のところ、順調です

左目の白めの赤味は結局、消えません。手術で一度、きれいに剃られた左目周りのご自慢の眉も、完全に元には戻りそうもないですね。時々、左目周りが水っぽくなっていて、頑張って眼圧を調整しているんだなあ、と思ってしまいます。少しでも視力が長続きしますように…

9月19日 やっと目薬治療終わりました

3週間ぶりの通院です。左目の周りは、まだ少し赤いし、右目に比べると少し眼球が出ている気もしますが、眼圧は左右20ということで順調。このまま、チューブが詰まりませんように…

次は一か月後の通院です。

8月24日 手術以来、久々の散歩です

今のところ、回復順調です。最初の手術直後に見られた左目内の硝子体も見当たりません。ほぼ1か月ぶりにエリザベスカラーを外し、お散歩をしてきました。まだ、左目が腫れています。手術で左目周辺の毛を剃られてしまったので、ご自慢の眉毛も消えてしまいましたが…

8月15日 退院。今度こそ、チューブが詰まりませんように…

退院。檻から出すときに暴れるそうで、家で落ち着いていたほうがいいだろうということで、ひとまず退院。今まで、病院ではおとなしかったそうだけど、そりゃあ、そうだ。また手術・入院なんて、さすがに、辛いし、寂しいよね。2日後、通院。今後については、様子を見ながら検討していくしかないみたい。また、2週間、エリザベスカラーだね… 今度こそ、長期にわたって硝子体が詰まりませんように…

8月14日 硝子体削除手術 入院

昨日までは、元気。今日からエリザベスカラーを外し、明日から散歩に行こうと考え、朝、左目を見るとチューブの辺りが白くなっている。朝ごはんは普通に食べたものの、その後、数時間で左目全体が白濁していき、左目が痛そうにつぶり、いつも以上に甘えてくる。急遽、病院に電話をし、担当医は休みだったが、ほかの眼科専門医が午前中、診断してくれた。右目眼圧24、左目眼圧94。硝子体がチューブを塞いでしまっている。担当医に代わって、硝子体を取り除くため緊急再手術。

8月1日 シャントチューブ手術 入院

今日は、白濁が強くなり、朝ごはんも食べず、左目も開けず、腰を上げて痛そうなポーズ。急遽、病院へ。再度、右目眼圧24、左目眼圧90。このままでは失明の恐れがあり、夜、緊急シャントチューブ手術。9時ごろ、無事、終わったとの連絡。5日間の入院。
8月5日 退院。黒目もきれい。ただ目下部に見えている硝子体がチューブに詰まったら取り除かなければならないとのこと。エリザベスカラーはつらいだろうけど、2週間くらいの我慢らしいがんばれ!!!次の通院は3週間後。

7月26日 緑内障と診断。とりあえず目薬での治療で経過観察。

目薬を差し2~3日すると白濁がなくなるものの、白濁再発、また2~3日で白濁がなくなるものの、白濁再発を繰り返す。ついに、ときどき、目を開けなくなってきた。急遽、病院へ行くと、眼科医のいる動物病院を紹介され、その日の午前中に通院。眼圧が右目24、左目90、緑内障と診断される。まずは目薬で眼圧が下がるか午後まで様子をみる。眼圧が下がったので、目薬による治療を開始。ただ、緑内障は治ることはないので、手術して視力を維持できる期間を延ばすか、自然に任せるかしかないとのこと。こんな苦しそうなレオたんは、可哀そうすぎる…手術で、少しでも視力が維持できて、しかも眼圧の苦しみから逃れられるなら…


7月14日 ブドウ膜炎か?

左目が白濁。目を気にしている様子はなく、食欲通常、元気。念のため、行きつけの動物病院に行き、
ブドウ膜炎と診断され、目薬で治療を始める。
白濁が消えたり、出たり。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です